リンカーン コンチネンタル 1989年3月~モデル

リンカーン コンチネンタル 1989年3月~モデル

前輪駆動となったコンチネンタルシリーズ

konchinentaru

リンカーン車 リンカーン コンチネンタル 1989年3月~モデル をご紹介いたします!

高級大型車を得意とするフォードのブランド リンカーン。

スタイリッシュな大型車ビッグスペシャリティクーペや、実用性を重視したアメリカンサイズセダンなどを擁する中、コンチネンタルは日本で言うクラウンの様な位置づけになっています。

コンチネンタルはリンカーン史上初の「前輪駆動モデル」として。1988年にデビュー。

巨体が生み出す広大な室内空間の乗り心地は抜群で、要電源、非電源各種の制御デバイスで、なめらかで快適な乗り味を実現しています。

エンジンは実用トルク重視の3.8LのV6OHV。つまり、基本的なシャーシレイアウトとともにフォードトーラスと近い関係にあったのだ。

気になる新車価格は、メーカー小売希望価格で 665.0万円 となっています。

詳しくは リンカーンの公式サイト まで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です